Difference between revisions of "Amarok/QuickStartGuide/TheMusicCollection/ja"

Jump to: navigation, search
(Created page with "==== トラックやアルバムの順序を変更する ====")
(Created page with "''コンテンツブラウザ''に保存されたトラックの順序は''メディア元枠''の一番上にある''ソートのオプションボタン''を使うことによ...")
Line 98: Line 98:
 
==== トラックやアルバムの順序を変更する ====
 
==== トラックやアルバムの順序を変更する ====
  
The order in which tracks are sorted in the ''Content Browser'' can be customised by using the ''Sort Options button'' at the top of the ''Media Sources pane'':
+
''コンテンツブラウザ''に保存されたトラックの順序は''メディア元枠''の一番上にある''ソートのオプションボタン''を使うことにより好みに合わせて設定できます:
  
 
[[Image:Preferences-other.png|48px|center]]
 
[[Image:Preferences-other.png|48px|center]]

Revision as of 03:18, 7 December 2010

Other languages:
English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎čeština • ‎українська • ‎日本語

音楽コレクション

メディア元枠

メディア元枠はあなたの完全な音楽コレクションを閲覧、表示するところです。ここにはハードディスク内部だけでなく、オーディオCD、USB機器、メディアプレイヤー、ネットワーク上のディスク、またはインターネットソースというようなコンピュータに接続された外部機器やメディアが含まれます。

コレクションの設定

お使いのコンピュータにMP3、OGGまたはFLAC形式の音楽トラックをお持ちですか。始めにAmarokはこれらのファイルがどこにあるか尋ねてきます。そしてこれによりコレクションの作成を開始します。一番上のメニューでは:設定 -> Amarokを設定 -> コレクションにあります。

Amarokcollection.png


お使いのホームディレクトリのツリー形式が上記のように表示されます。音楽が保存されているところのチェックボックスをクリックして下さい;一般的に~/Musicフォルダに保存されています。そしてコレクションをすべて再スキャンを選択してください。これには少々時間がかかりますので、しばらくの間Amarokが遅いように感じても心配しないで下さい。一度スキャンが完了したら、一番上のAmarokメニューから、またはCtrl+QキーでAmarokを終了するのが一番良いです。そしてAmarokを再起動して下さい。新たに追加された音楽がローカルコレクションの領域に現れるでしょう。

メディア機器のコレクションへの追加

メディア元枠の上部近辺の検索バーのすぐ下にあるコンテンツブラウザで異なる機器及び、またはコンテンツの種類を見ることができます。オーディオCDをCDドライブに入れるとそれがメディアプレイヤー、小型ドライブ、そしてその他のUSB機器と一緒にメディア元枠の中に現れます。外部機器がマウントされると、それがメディア元枠の中に自動的に表示されます。メディア元枠の中にある外部機器を参照するためには、それらがコンピュータにより認識されている限り、これ以上操作する必要はありません。

以下にあるのは3つの接続された音楽を持っている保存元を示したスクリーンショットです:オーディオCD、MP3プレイヤー、そしてローカルコレクションです。

Mediasources.png


コレクションへCDをリッピングする

もしお使いのコンピュータに一つも音楽ファイルをお持ちで無い場合、それらを簡単にリップ(CDからコレクションへトラックをコピー)することができます。CDを入れ、コンテンツブラウザのCD機器の見出しを右クリックし、再生またはコレクションへコピーします。コレクションへのコピーとはトラックをリップタグ付けをすることです(以下にある画像を参照)。オーディオCDからローカルコレクションへ音楽をコピーするとき、Amarokウィンドウの下部にあるメッセージバーがコピーで取り込み中であると示すでしょう。リッピングは何分間かかかります。一度リッピングが完了すると、メッセージバーにあるメッセージが消え、そしてローカルコレクションのコンテンツブラウザにその音楽が現れるでしょう。メディア元枠にリッピングした音楽が現れないとき、AmarokAmarokという一番上にあるメニューから、またはCtrl+Qキーで終了するのが一番良いです。そしてその後Amarokを再起動して下さい。すると左枠にそのコレクションが見えるでしょう。下にあるスクリーンショットはオーディオCD、iPodまたはその他の機器からコレクションへ右クリックメニューを使用してトラックを移動する方法を示しています。

Amarokripcd.png


上記のコンテキストメニューで、トラックの詳細を編集という選択肢があります。タグを編集する必要があるトラックがあるときこの選択肢を使って下さい。これは.WAV形式へ音楽をリップするときに重要になります。このときタグ情報のいくつかが消失するからです。もしコレクションの中でかなり多くにタグの編集が必要な場合、専用のタグを編集するソフトウェアを検討して下さい。それには次のようなものがあります。

正しいタグ情報はトラックを適切なアルバムと適当な並び替え順序でAmarokに表示するために重要です。詳細はリッピングとタグ付けを参照して下さい。

その他のメディア元へのアクセス

メディア元枠がなぜ'コレクション枠'と呼ばれていないかということに疑問を感じるかもしれません。Amarokはあなたのコレクションだけではなくさらに多くの音楽を利用することを可能にします--インターネット上の店、オーディオブック、ポッドキャスト、あなたのコレクションと別に保管された音楽ファイル、そして過去に保存したプレイリストです。Amarokブレッドクラムナビゲーションはこれら全てを利用する鍵となります。ブレッドクラムナビゲーションの開始のアイコンはメディア元枠の一番上の左端にある青いホームフォルダのアイコンです。このアイコンはメディア元枠を通して閲覧するときに開き、そして縮小します。これによりブレッドクラムバーにある希望するフォルダをクリックすることで簡単にコレクションを指し示すことができます。

Amarokbreadcrumb.png


Amarokのホームフォルダをクリックすると、利用できる手段に応じたアイコンがある左下のメディア元枠が見えます。ファイルのアイコン(下の左の画像で、下から2番目の項目)をクリックすると、下の右の画像に似たものを見ることになるでしょう。ブレッドクラムバーが展開される様子と選択されたフォルダの中身がメディア元枠(下の右の画像)に表示される様子に注目して下さい。ブレッドクラムにある>記号をクリックするとそのフォルダ構造の階層にある利用できるフォルダを参照できます。Amarokのファイルを参照するプログラムは全体のファイルシステム、ローカルコレクションの外部でさえもアクセスすることができます。

メディア元枠 ファイルのアイコンがクリックされたとき
Amarokmediasources-home.png
Amarokmediasources-files.png


Amarokのホームフォルダ(左上)にあるそれぞれのアイコンの機能は以下のようになります:

アイコン 名前 機能
Hi32-action-collection-amarok.png ローカル音楽 あなたのAmarokのコレクション
Applications-internet.png インターネット Magnatune、Jamendo、そしてLast.fmのようなインターネット上の店。インターネットの情報資源の初期設定値は次のところにあります:設定 -> Amarokを設定 -> インターネットサービス
View-media-playlist.png プレイリスト 保存されたプレイリスト--プレイリストの項目も参照して下さい。メディア機器にあるプレイリストも表示されます。
Folder-amarok.png ファイル お使いのファイルシステム
Hi48-action-podcast-amarok.png ポッドキャスト RSSフィードでポッドキャストを利用

上記のローカル音楽のアイコンまたはブレッドクラムバーのローカル音楽のフォルダをクリックするとあなたのコレクションに表示が戻ります。そこでは全ての利用できる手段、アーティスト、アルバム、そして過去にコレクションの一部として登録したトラックの一覧が表示されます。ブレッドクラムバーはあなたが今ローカル音楽を参照していることを示しています。

ストリームとポッドキャスト

ストリームを聴くには2つの方法があります。お好みの局があるのであれば、そのストリームのを入手し次のように追加して下さい:プレイリスト -> ストリームを追加。その追加されたものが保存されたプレイリストとして、プレイリストの中に見られるでしょう。別のやり方では、スクリプトマネージャ(ツール -> スクリプトマネージャ)で利用できるスクリプトに目を通してください。そこにはメディア枠インターネットの項目で示されているいくつかの素晴らしいコレクションが利用できます。

ポッドキャストは上記のメディア枠の中にそれぞれの項目があります。RSSまたはAtomフィードのURLをお持ちであれば、緑色の+をクリックしそれをそこへ追加して下さい。もし取り込むOPMLファイルをお持ちなのであれば、そちらも可能です。コンテキストの(右クリック)のメニューからプレイリストに追加、設定、購読を削除、チャンネルを更新を使用する、または新規として印を付けて下さい。もしポッドキャストの多数のコレクションの閲覧に興味があるのであれば、上記で言及したスクリプトマネージャで利用できるポッドキャストディレクトリを見て下さい。

コンテンツブラウザを使用する

お使いのコンピュータのハードディスク、オーディオCD、外部機器、そしてインターネットはあなたのコレクションにとって基本的な資源です。お使いのコレクションを設定後、そのコレクションは恐らく多くの数のアルバムとトラックを保持し、その数は一つのウィンドウに示される数よりもはるかに多いでしょう。

コレクションの表示を変える方法は、以下のようになります:

情報を隠すまたは展開する

検索バーの下にあるメディア元枠の領域はコンテンツブラウザと呼ばれています。3つのメディアの出所が以下のコンテンツブラウザの画像に示されています:CD、ローカルコレクション、メディアプレイヤーです:

CD Collection Sansa.png


機器の見出し(上の画像にあるSansaの青いバー)をクリックするとその機器の内容物を示したり隠したりします。右にある矢印の方向はその機器の内容物が隠されている、または示されているかのどちらかを示しています。個々の機器の中身は、入れ替わりに、適切なアーティストまたはアルバムをクリックすることにより、同様の方式で隠れたり示されたりします。アーティストまたはアルバムの左にある-記号はその中身が展開されていることを示しています。+記号はその部類が利用でき、現在隠されているということでさらに多くの中身があることを示しています。上記の画像で、Mike Oldfield - The Songs of Distant EarthのCDの情報は展開され、個々のトラックを示しています。その一方で、ローカルコレクションにあるアルバムとトラックが隠されています。これらの+または-記号をクリックすることによりその情報を表示、非表示にすることもできます。

トラックやアルバムの順序を変更する

コンテンツブラウザに保存されたトラックの順序はメディア元枠の一番上にあるソートのオプションボタンを使うことにより好みに合わせて設定できます:

Preferences-other.png


The sort order is indicated on the top left of the Media Sources pane, just below the Search text box. The default order is Artist / Year - Album. The display order of the Content Browser can be temporarily switched between the user-defined sort order (described above) and a Merged view in which which artists are listed alphabetically, no matter on which media the music is stored. To toggle the Merged view,click the Merge icon at the top right-hand of the Media Sources pane:

View-list-tree.png


To search your collection, type your search term into the search bar at the top of the Local Music section. Not only can you search by artist, album or track name, but any part. You might create a nice playlist by searching for winter, for instance, or merely find a track when you only remember one word of the title. You can also search by rating, playcount, even filetype. See Amarok Insider Issue 14 for more details.

Deleting items from the collection

Warning.png
Warning
Use this option with care; the tracks will be deleted from your hard drive, not sent to the Trash.


You can delete any item from your collection by right-clicking on it and choosing the bottom item Delete Tracks. A confirmation dialog will appear, preventing the accidental deletion of any tracks. More than one item can be selected with Ctrl+click.




Content is available under Creative Commons License SA 4.0 unless otherwise noted.