Difference between revisions of "Tutorials/Modify KDE Software Defaults/ja"

(Created page with "== 例 == デフォルトのブラウザを変更するには、システム設定を用いて下さい。ただ、'''systemsettings''' ...")
(Created page with "{{Input|1=<nowiki>#!/bin/bash # このファイルは tstaerk (訳注: ユーザ名) の好みに合わせてコンピュータをセットアップするものです。OS の...")
Line 15: Line 15:
  
 
{{Input|1=<nowiki>#!/bin/bash
 
{{Input|1=<nowiki>#!/bin/bash
# This file sets up a computer as tstaerk likes it. Call it after you have performed the OS installation.</nowiki><br /><nowiki>
+
# このファイルは tstaerk (訳注: ユーザ名) の好みに合わせてコンピュータをセットアップするものです。OS のインストール終了後に実行して下さい。</nowiki><br /><nowiki>
# 1. set default browser to firefox
+
# 1. デフォルトのブラウザを Firefox に設定
# 1.1. for SUSE Linux, where we have to look in .kde4 instead of .kde
+
# 1.1. SUSE Linux のために、.kde のではなく .kde4 ディレクトリを見るようにします。
# The key for default browser is BrowserApplication.
+
# デフォルトブラウザのキーは BrowserApplication です。
 
cd
 
cd
 
cd .kde4/share/config
 
cd .kde4/share/config
# first delete all the old entries for BrowserApplication
+
# まず、BrowserApplication の全ての古いエントリを削除します。
 
sed -i 's/BrowserApplication\[\$e\]=.*//g' kdeglobals
 
sed -i 's/BrowserApplication\[\$e\]=.*//g' kdeglobals
# add BrowserApplication to the General section if a General section exists
+
# BrowserApplication General セクションに追加します。(General セクションが存在する場合のみ)
 
sed -i 's/\[General\]/\[General\]\nBrowserApplication\[\$e\]=!firefox/g' kdeglobals
 
sed -i 's/\[General\]/\[General\]\nBrowserApplication\[\$e\]=!firefox/g' kdeglobals
# add a General section and the key BrowerserApplication if no General section exists
+
# General セクションが存在しない場合、General セクションを追加し、そこに BrowerserApplication キーを追加する。
 
grep "\[General\]" kdeglobals || echo -e "\n[General]\nBrowserApplication[\$e]=!firefox" >> kdeglobals</nowiki>}}
 
grep "\[General\]" kdeglobals || echo -e "\n[General]\nBrowserApplication[\$e]=!firefox" >> kdeglobals</nowiki>}}
  

Revision as of 14:51, 6 September 2011

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎català • ‎dansk • ‎français • ‎italiano • ‎português do Brasil • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(台灣)‎ • ‎日本語

デフォルトの設定を変更したい状況としては、基本的には以下の3つがあるでしょう:

  • 毎日多くの新規ユーザが入ってくるシステムの管理者が、KDE Plasma Desktop のデフォルトとは異なる、特定の設定を新規ユーザに対して適用したい場合
  • システム管理者が、全てのユーザに対して設定の変更を行いたい場合。それぞれのユーザの ID でログインして、システム設定から変更を行う、というやり方はまずありえないでしょう。
  • 個人で幾つかの KDE デスクトップを搭載したマシンを所有しており、頻繁にコンピュータの再セットアップを行うので、その際に毎回同じ設定が展開されるようにしたい場合。仕事で使っていて、プロキシ環境で利用していたり、或いは家で使っていて、テスト用の仮想マシンが幾つかある場合も含みます。

いずれの場合も、~/.kde 又は ~/.kde4、/usr/local/share、或いは /usr/share にある設定ファイルを変更しなければなりません。

/etc/skel

新規ユーザが作成された際、/etc/skel の内容がそのユーザのホームディレクトリにコピーされます。以後作成される全てのユーザに対する初期設定を作成したい場合、/etc/skel の設定を変更して下さい。

デフォルトのブラウザを変更するには、システム設定を用いて下さい。ただ、systemsettings を呼び出せない場合もあるでしょう。その場合は、以下のスクリプトを用いて下さい。これはデフォルトのブラウザを Firefox に変更します。

#!/bin/bash
# このファイルは tstaerk (訳注: ユーザ名) の好みに合わせてコンピュータをセットアップするものです。OS のインストール終了後に実行して下さい。
# 1. デフォルトのブラウザを Firefox に設定 # 1.1. SUSE Linux のために、.kde のではなく .kde4 ディレクトリを見るようにします。 # デフォルトブラウザのキーは BrowserApplication です。 cd cd .kde4/share/config # まず、BrowserApplication の全ての古いエントリを削除します。 sed -i 's/BrowserApplication\[\$e\]=.*//g' kdeglobals # BrowserApplication を General セクションに追加します。(General セクションが存在する場合のみ) sed -i 's/\[General\]/\[General\]\nBrowserApplication\[\$e\]=!firefox/g' kdeglobals # General セクションが存在しない場合、General セクションを追加し、そこに BrowerserApplication キーを追加する。 grep "\[General\]" kdeglobals || echo -e "\n[General]\nBrowserApplication[\$e]=!firefox" >> kdeglobals

This page was last edited on 6 September 2011, at 14:51. Content is available under Creative Commons License SA 4.0 unless otherwise noted.