KColorEdit

    From KDE UserBase Wiki
    This page is a translated version of the page KColorEdit and the translation is 100% complete.
    Other languages:
    KColorEditは簡単で楽しく、編集やパレットの作成ができるとても便利なツールです。


    基本的な機能

    • KDEやGTKの色の選択
    • GIMPの一般的なパレットをすべて対応(GIMPのパレットを見ることができます)
    • カラーパレットを詳細表示か簡単表示で選択できます



    • コメントをサポート
    • 記述やパレットの名前をサポート



    • パレット内なら色やコメントは自由に移動可能
    • 配色の作成に利用可能(補色、トライアングルカラー、その他)
    • ランダムな色を作成



    • 色の合成をサポート
    • 色のグラデーション選択を保持
    • 色相と彩度の変更をサポート



    KColorEditを使った作業

    KColorEditはWebデザイナーに向けて企画されたツールです。CSSのファイルの編集やあなたのプロジェクトにとって"正しい"色を選択したいときにとくに役立ちます。

    視覚の健康のためのページ作り

    たくさんのページは素晴らしいデザインとなっています。しかし、たまにカラーリングでの問題を起こすこともあります。例えば、あなたが文字を読もうと思いましたが、背景色が原因で読めないというときです。それは、文字の色と背景の色のコントラスト比が低い(またはあっていない)からです。そんなときは文字を読むのにとても目が疲れます。

    背景色として#fe9f10を使うとします。自分のパレットにボタンを押して追加してください。


    KColorEditを利用すると"補色"(文字色としてもっともよい色)を簡単に選択できます。配色のドロップダウンリスト内の補完 を押すことでできます。



    最後に、テキストカラーをパレットに追加し、(#106ffeのように)クリップボードにコピーができます。



    KColorEdit はKDE Extragearを担っています。ユーザーハンドブックはかなり古いですが、それでも役に立ちます。