Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page KWin and the translation is 93% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎italiano • ‎português do Brasil • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(台灣)‎ • ‎日本語
空っぽのKDE4.5のデスクトップ
信頼性と柔軟性があるKDE Plasmaデスクトップのためのウィンドウマネージャ。エフェクトもついています!

特徴

  • 安定性と信頼性があります
  • コンポジットと3Dエフェクトがあります
  • 簡単に設定できます
  • より効率よく作業できます

KWin ("kwin"と一言で発音されます)は、KDEプラズマデスクトップのためのウィンドウマネージャです。Kwinは、あなたがウィンドウを完全に管理できるようにします。 Kwinは、あなたの作業の邪魔をせず、むしろ助けてくれます。Kwinは各ウィンドウの閉じるボタンや最大化、最小化ボタン(設定できます)があるタイトルバーの装飾を描画してくれます。また、ウィンドウの配置や、切り替えも担当します。

KWinはウィンドウ操作時に3Dエフェクトのついたコンポジェットに対応しています。そのため、ウィンドウ操作をよりなめらかに、簡単に、効率的に、自然に行なえます。それに必要なシステム要件はかなり控えめなので、2002年以降のシステムは、かなりのものが要件を満たしています。しかし、特定のハードウェアにはまだ問題があるので、それらに関する情報はtechbaseで手に入れることができます。

実用的な機能

ウィンドウの装飾を右クリックするか、 システム設定 新しくて簡単なKWinの設定を行えます。そこであなたのウィンドウ管理をより効率的にするエフェクトを有効化することができます。例えば、ウィンドウの切り替えエフェクトをグリッド状に整列された現在のウィンドウの表示に切り替えられます。アイコンやとても小さいプレビューではないため、正しいものをすばやく選べます。Alt-Tabのキーショートカットを使用し、Altを押し続けます。それによって、タブを使用してウィンドウを切り替えれます。また、マウスを使って正しいものを選択することもできます。 Alt-Tab キーをすばやく押すと、前のようにウィンドウを切り替えられます。

(訳注)この項の内容は古く、現在のKWinの内容を正確に反映していません。 もしあなたが使用しているXサーバーがコンポジェットをサポートしているなら、それを変更することは設定画面を開くぐらい簡単です。 デスクトップの挙動 モジュールを開いて デスクトップ効果 を選択し、 開始時にデスクトップ効果を有効にするを選択してください。より高度なコンポジェットに関する設定(例えば VSyncの使用, Scale method, コンポジェットの種類など)は、高度な設定 ダイアログで行なえます。 KWinのエフェクトをカスタマイズするには、 すべての効果 タブを開き、使用したいプラグインを選択してください。 XRenderベースのコンポジェットでは、一部のプラグインしか使えないことに注意してください。 すべてを使用するには、OpenGLモードにする必要があります。

運動物理学を採用して, KWinはウィンドウにより自然な感覚を与えます。Cubeというデスクトップを切り替えるアニメーションや、Magic Lampという最小化時のアニメーションなど、新しいエフェクトが追加されました。 既存のエフェクトの改善点により、ウィンドウの管理を今までよりもなめらかに行なえます。Kwinには、これらのエフェクトをローエンドの環境でも使用するために、パフォーマンスも改善されました。低スペックのハードウェアを使用しているユーザーには設定が表示されないよう、入念なチェックが行われるようになっています。 KWinはハードウェアの性能を確認し、必要に応じて美しさを維持したままエフェクトを減少させます。 あなたはその度合いを調整したり、確認自体を無効化をすることができます。また、グローバルアニメーションの速度などを調整することでUXを微調整できます。あなたのコンピューターがとても重いとき、なめらかに動作させるためにKWinは一時的にコンポジェットを無効化します。そうなった場合は通知され、Shift+Alt+F12を押すことで再び有効化できます。最後に,KWinマルチディスプレイのサポートが新しいKephalライブラリを使用することにより改善されています。最大化されたウィンドウをXineramaによりスクリーンの間で移動でき、外部画面の追加を正常に行えます。

KDE SC 4.9についての詳しい紹介は、こちらのリンクから見つけられます。:

チュートリアル

毎回特定のサイズと位置でアプリケーションを起動する

サイズと位置

アプリケーションの位置が作業の快適さのために重要なことが時々あります。そのため、柔軟なKWinを使用して、好きな場所に配置させましょう。

ウィンドウを開きたい場所に配置するには、タイトルバーを右クリックステ、その他のアクション -> Special Window Settingsを選択します。これにより適切な設定項目がある設定画面が開きます。あなたがすべきことはサイズと位置タブを選択し、位置サイズを設定することです。OK、これで終わりです!

ウィンドウマネージャをコマンドラインからスクリプトで操作する

WMIfaceユーティリティを使ってください。

タイトルバーのボタンの位置を変更する

ボタンの設定

システム設定 ->アプリケーションスタイル -> ウィンドウの飾り -> ボタン タブを開いてみてください。設定画面は、あなたのテーマや使用しているディストロビューションにより異なるかもしれませんが、今よりもカスタマイズできるることに変わりはありません。


To simply move things around you work with the specimen titlebar. Drag icons there to where you want to see them.

また、そこにはタイトルバーに使える他のアイコンもあります。丸いボタンは、すべてのデスクトップのウィンドウに効果が作用することを意味します。 他に使いやすいボタンは、シェードです。 - 巻き上げられた状態(タイトルバーのみの状態)と通常の状態を切り替えます。これらのアイコンは一覧でおいてある場所から、サンプルのタイトルバーに移動させることで追加されます。 - 使いたい位置にアイコンを配置できます。

もしあなたが古典的なKDE3のデスクトップが好きなら

Plasma howto-thumbnail-45.png
伝統的なデスクトップに切り替え

(訳注:元の記事のこの項の内容は古く、再現できないので一部修正してあります)デスクトップを右クリックして、Configure Deskstop (一部のディストロでは外観の設定)を選択してください。 レイアウトデスクトップから フォルダービューに変更してください。デスクトップ全体がフォルダービューになり、もう一度デスクトップを右クリックすることでフォルダービューの設定が可能になります。デスクトップに使いたいフォルダーを置けるようにフォルダービューに設定してみてください。

アプリケーションを直接異なるデスクトップに起動させる

このようなコマンドを使用してください

kstart5 --desktop 4 kate

ネットブックのような小さい画面で使用する

ウィンドウの飾りを小さくする

BreezeやPlastik、Oxygenのスタイル

システム設定 -> アプリケーションスタイル -> ウィンドウの飾り タブを選択してください。適した設定が2つあります。

Breezeスタイルの設定
  • デフォルトのスタイル(Breeze)を使っている場合、Configure Breezeを選択し、ボタンのサイズTinyにしてください。
  • 他のスタイルを使用している場合、ウィンドウの飾りを小さくしてください。

どちらを行っても、あなたのウィンドウはスリムで機能的になります。

基本となるフォントの変更

ほとんどのネットブックの画面はとても鮮明なので、あなたの想像以上に描画するフォントのサイズを小さくできます。Acer Aspire Oneでは、8ポイントが最適の設定だとわたしは分かりました。

Firefoxで小さなフォントを使用するように設定する

about:configを使用しても、十分な結果を得られません。代わりにこのウェッブサイトからgtk-chthemeをダウンロードし、インストールしてください。このツールを使うことで、特定のフォントサイズに設定したり、KDEデスクトップの設定を使用するようにしたりすることができます。これにより、Firefoxは他のGTKアプリケーションと同じように動作します。

KMailの集計オプションが場所を取りすぎる

このFAQ を見て変更してください。

KMailのフォルダ一覧のツールチップがフォルダーの名前を隠してすぎている

このFAQ を見て振る舞いを変更してください。

ギャラリー

ギャラリー にはデスクトップとエフェクトに関する今のものや昔のもののスクリーンショットがたくさんあります。

描画に関するトラブルシューティング

描画に関する問題の修正には、あなたのグラフィックカードに適したドライバを知ることが必要です。 デスクトップの描画パフォーマンス ページでこの問題の詳細を確認してください。

ウィンドウのルールを決める

KWin ルールページにウィンドウに固有の振る舞いをさせる方法のチュートリアルがあります。

More Information


This page was last edited on 5 July 2019, at 08:00. Content is available under Creative Commons License SA 4.0 unless otherwise noted.