チュートリアル/KDE ソフトウェアの既定値からの変更

Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Tutorials/Modify KDE Software Defaults and the translation is 100% complete.

Other languages:
català • ‎dansk • ‎English • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎português do Brasil • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(台灣)‎

デフォルトの設定を変更したい状況としては、基本的には以下の3つがあるでしょう:

  • 毎日多くの新規ユーザが入ってくるシステムの管理者が、KDE Plasma Desktop のデフォルトとは異なる、特定の設定を新規ユーザに対して適用したい場合
  • システム管理者が、全てのユーザに対して設定の変更を行いたい場合。それぞれのユーザの ID でログインして、システム設定から変更を行う、というやり方はまずありえないでしょう。
  • 個人で幾つかの KDE デスクトップを搭載したマシンを所有しており、頻繁にコンピュータの再セットアップを行うので、その際に毎回同じ設定が展開されるようにしたい場合。仕事で使っていて、プロキシ環境で利用していたり、或いは家で使っていて、テスト用の仮想マシンが幾つかある場合も含みます。

いずれの場合も、~/.kde 又は ~/.kde4、/usr/local/share、或いは /usr/share にある設定ファイルを変更しなければなりません。

/etc/skel

新規ユーザが作成された際、/etc/skel の内容がそのユーザのホームディレクトリにコピーされます。以後作成される全てのユーザに対する初期設定を作成したい場合、/etc/skel の設定を変更して下さい。

Examples

To change the default browser, use the program System Settings. However, there are situations where you cannot call kcmshell5 to open System Settings. In this case you can use the following script. It changes the default browser to Firefox:

#!/bin/bash
# このファイルは tstaerk (訳注: ユーザ名) の好みに合わせてコンピュータをセットアップするものです。OS のインストール終了後に実行して下さい。
# 1. デフォルトのブラウザを Firefox に設定 # 1.1. SUSE Linux のために、.kde のではなく .kde4 ディレクトリを見るようにします。 # デフォルトブラウザのキーは BrowserApplication です。 cd cd .kde4/share/config # まず、BrowserApplication の全ての古いエントリを削除します。 sed -i 's/BrowserApplication\[\$e\]=.*//g' kdeglobals # BrowserApplication を General セクションに追加します。(General セクションが存在する場合のみ) sed -i 's/\[General\]/\[General\]\nBrowserApplication\[\$e\]=!firefox/g' kdeglobals # General セクションが存在しない場合、General セクションを追加し、そこに BrowerserApplication キーを追加する。 grep "\[General\]" kdeglobals || echo -e "\n[General]\nBrowserApplication[\$e]=!firefox" >> kdeglobals

This page was last modified on 26 March 2017, at 12:20. Content is available under Creative Commons License SA 4.0 unless otherwise noted.